ヘルプセンター

お預け入れについて

ボックスの梱包方法について

サービスをお申込み(ボックスお取り寄せ)いただくと、未組み立ての専用ダンボールボックス(HAKO, MONO, Libraryの場合)または不織布バッグ(Closet、クリーニングパックの場合)が届きます。

【専用ボックスの組み立て方】

1.ダンボールはボックスの折り目に沿って十分に折ります。

2.ダンボールボックスの側面をガムテープで止めます。

ボックス側面に管理用のバーコードシールが貼られていますので、ガムテープで覆ったり、故意に剥がさないようお願いいたします。

・段ボールは、縦横、隙間がないようテープを貼ります(H貼り)

・HAKOブックとLibraryボックスの組み立てに際しましては、ボックス側面にある案内(下右図)をご参照ください。持ち手用穴もぜひご活用ください。
hbari_bookkit.PNG


3.お荷物をボックスに詰めます。

・箱の中に隙間がある場合、運搬中の破損等を防ぐため、緩衝材(▼)で隙間がないよう詰めていただくことをおすすめします。

・雨などで中のものが濡れるのが心配な場合、シート状のビニール(▼)で覆っていただくことをおすすめします。

・衣類用の防虫剤を入れる場合、ほかの保管品に匂いが移らないよう、無臭タイプをご利用ください。無臭の引き出し・衣装ケース用シートがおすすめです。
・お洋服のフードやベルト等の付属品は、衣類に留めた状態でお預けください。(詳しくはこちら

・重さ上限がございますのでご注意ください。(目安はこちら

・MONO(撮影ありプラン)の預け入れ上限点数は30点です。30点以上のお荷物が入っていた場合、30カット目に超過分をまとめて撮影いたします。まとめるアイテムはスタッフ判断となります。(詳しくはこちら

・詰め過ぎなどによって箱が変形した状態で届いた場合、お客様にご連絡の上、返送または新しい箱に詰め替えて保管させていただきます。その際は手数料が発生する場合がございますのでご注意ください。


▼撮影ルールについて▼

・緩衝材以外のもの(タオル等の日用品)は1アイテムとみなし撮影いたします。
・中身の見えない不透明袋に入れられたものは、預け入れ申し込み時に「外装を除いて撮影」にチェックを入れていただくと、袋から出し、中のものを1アイテムとしてまとめて撮影します。
・中身が見える透明袋に入れられたものは、袋から出さず、そのまま撮影します。
撮影ルールについて
撮影の仕上がりについて
セット撮影について

4.ボックスを閉じます。

・ダンボールボックスは、縦横、隙間がないようテープを貼ります(H貼り)。

・不織布バッグ(Closet、クリーニングパック)は、ファスナーが開かないよう、ファスナーを結束バンドでとめます。結束バンドは、伝票と一緒に同梱されています。

5.minikuraのマイページにログインし、預け入れ(集荷)をお申込みください。
お申し込み手順はこちら